くるりくるくるくるりんちょ

こんばんは、放浪かめれおんです。
テレビよりラジオ派でして、特にサムシングを引退してからのこの1年はあらゆるラジオ番組を聞きまくっていました。ラジオを聞いていると、様々な音楽を耳にします。よく、思い入れのある曲をそのエピソードとともにリクエストするリスナーがいますが、やっぱりみんな何かしら思い出の1曲ってのがあるものなんですね。
音楽というのは、いつの時代も人々の「思い出」に寄り添ってるものなんだなぁと思います。ということで僕もそんな感じで、ひとつの曲とともに「思い出のグッドバイ」を綴っていこうと思います。

本日のリクエストナンバーは
くるりの『ワンダーフォーゲル』です。

昔、好きな人がいましてね、初めて好きになった女の子だったんですけど、長いこと恋をしていましてね。誰にも知られないままにグッドバイを迎えたっていう、まあそんな甘くも酸っぱくもない普通の初恋の話です。

僕は北海道のど田舎に住んでいたので、クラス替えもほとんどないほど人数が少ない学校に通っていました。なので小、中学の9年間その子と同じクラスでした。好きだと気がついたのは、小学校4年かそれぐらいの頃です。10歳くらいですかね。
彼女はすごくヘンテコリンな女の子で、頭がすごく良かったのですが言動がかなり変わっていて、自分の主張は大人だろうと誰が相手でも押し通すという頑固さも持っていました。そんな強烈な個性を持った彼女に僕は惹かれていたのでしょう。小学校の間は恋心を隠しながらお互い仲の良い友達として関係を続けていました。

中学校に上がると、とある事情で彼女がクラスから1年弱のあいだ離れることになりました。その頃、周りの同級生たちが急に色気付き出して男女交際なんか始めちゃったりして、みんながみんな思春期でした。そんな光景を目の当たりにしていると彼女がいないことへの寂しさが日に日に募っていき、あの子が帰ってきたら想いを告げようなんて考えるようになりました。

雪の降る冬のある日、彼女が再び教室へと帰ってきました。すごく嬉しかったのですが、久々に彼女の顔を見たとき何を話せばいいのかわからず、僕は素っ気ない態度を取ってしまいました。彼女がいない間に募らせた恋心が、自分でも気付かないほどに大きく膨れ上がっていたのです。

そんな感じで彼女と何の進展もないまま月日が過ぎ、僕は一人で勝手に悶々としていました。ある日、いつまでもうだうだやってる僕に痺れを切らした友人たちが、半ば強引に僕らを二人きりにさせ、ついに僕は彼女に想いを告げることになります。中学二年生の7月、夏祭りの2日目の夜でした。心の準備ができないままに告白をしてしまった僕は「好きです」とだけ伝えると後に言葉が続かず、沈黙してしまいました。やべーどうしようと思って焦っていると、ふいに彼女が言いました。「友達の関係のままでいたい」。
そうして、僕の初恋はあえなく撃沈しました。

しかし、二学期が開けると、彼女はいつもと変わらず普通に話しかけてくれました。友達のままでいたい、という言葉はタテマエではなく本当にそう思っていてくれていたんだなぁと、とても嬉しく思ったのを覚えています。

それから月日が流れ、僕らは別々の高校へと進学しました。しばらく会わない期間があったのですが、僕がいつもの汽車を一本逃してしまった時(20:38の汽車を逃すと次は21:50でした)、久々に彼女と再会しました。誰もいないホームで二人、汽車を待ちながらいろんな話をしました。彼女との話は尽きることなく、楽しい時間でした。その日以来、僕はたまにわざと汽車の時間を遅らせて彼女に会うようになりました。今思えば気持ちが悪い話ですね。

頑固なところやヘンテコな部分の変わらない彼女と話しているうちに「やっぱり僕はこの子が好きだな」と思うようになりました。それが再びの恋だったかは分かりません。人として好きっていうことだったかもしれません。付き合いたいとかの考えもなく、ただ彼女と話していたいという気持ちだけがありました。

そんなこんなで月日は流れ、高校3年生になったある日のことでした。その日はわざと会おうという気はなく普通に汽車を待っていました。すると、彼女がホームにいたのです。珍しいなと思って彼女のほうへと向かうと、横に知らない男の子が立っていました。僕に気がついた彼女が照れ臭そうに「彼氏なんだ」と僕に告げました。
ショックとか悲しいとかの気持ちは全くありませんでした。元々一度終わった恋ですし、やっぱり恋愛的に好きというわけではなかったのでしょう。しかし、何故かそれ以来、変に気を遣うようになってしまい、彼女のいつも乗る汽車を避けるようになりました。18歳のオトコゴコロ・・・

それから季節が過ぎ、高校を卒業し、大学の進学が決まった頃、中学の同窓会がありました。彼女は翌日に東京へ引っ越すとのことで、その準備やらで同窓会には来ませんでした。結局、あれ以来会ってないなぁなんて寂しく思っていると、ひょこっと彼女が会に顔を出したのです。みんなの様子を見たらすぐ帰るとのことだったのであまり長くは話せませんでしたが、久しぶりに言葉を交わし、彼女に最後に会えたことを嬉しく思っていました。しかし、同窓会の空気感に流され、特に挨拶をするでもなく彼女はいつの間にか帰ってしまいました。
さよならもありがとうも言えなかった、、、。自分の不甲斐なさに絶望した瞬間でした。

その後、携帯をガラケーからスマホに変え、連絡先の移行をしている時、僕は彼女のメールアドレスを知っていたことに気がつきました。全然メールのやり取りをしなかったのはなんでだろう。分からないけど、僕らにはそれは似合わないような気がして僕は彼女のアドレスを消しました。たぶん、これからもメールを送ることはないと思ったからです。

そして僕もいよいよ故郷を離れ、関西へと飛び立つ日が来ました。飛行機の中で音楽を聴いていると、くるりの『ワンダーフォーゲル』という曲が流れてきました。
その曲の中にある、

“ハローもグッバイもサンキューも言わなくなって
こんなにもすれ違ってそれぞれに歩いてゆく”

という歌詞を聞いた時、彼女に想いを寄せ続けた日々にピリオドが打たれたような気がしました。
最後にグッバイもサンキューも言えなかったこと、そのままそれぞれの道へと進んでいくこと。僕らみたいな歌だなぁと思い、飛行機の中ひとりセンチメンタルな気持ちに浸っていました。そうして僕は、心の中でひっそりと彼女に「グッドバイ」を告げたのでした…。

彼女にとっての僕はただの友人の一人だったかもしれませんが、僕にとっては青春の何枚ものページとして残る大切な思い出の女の子です。
いつかまた会える時がくるのだろうか、その時はちゃんと「ハロー」が言えたらいいなと思って、その時を待つことにします。

おしまい。


……「思い出のグッドバイ」なんて言われても書くことなんてこれぐらいしか思いつかないなぁと思って書き始めたのですが、いやはや書いてるうちにヒートアップしてきてしまい、ついつい長くなってしまいましたな。最後まで読んでいただきありがとうございます。

懐かしい思い出を綴ったりなんかしましたが、グッドバイ、僕たちの公演はこれからです。
いつかこの卒業公演も大切な「思い出のグッドバイ」として心に残せたらいいなと思います。
僕たち四回生の、ホントにホントの最後の公演です!是非きてください!
お待ちしております〜〜

ではでは、放浪かめれおんでしたp(^_^)q

ps
明日のブログは、一回生の紅一点、
こんこんまる! 君に決めた!!\コンコンマルー/
よろしく頼んだぞ!

「グッドバイ」ブログリレー!

こんにちは!ご無沙汰しております、4回生の雨粒飴子です!卒業公演のため戻ってまいりました!
既に稽古期間の半分ほどが過ぎましたが、部員たちは毎日気合十分で取り組んでいます!私は引退公演に続き、演出を務めております。最高に面白いお芝居を作り上げられるよう、部員一同努力していきますので、お時間ございましたら是非観にいらしてください!

さてさて、ただいま絶賛稽古中な私達ですが、ここで!卒業公演を更に盛り上げるため!!ブログリレーを開始したいと思います!!!\\\\٩( 'ω' )و ////わー!!
ブログリレーのテーマは「思い出のグッドバイ」です!!
Somethingの部員それぞれの、「グッドバイ(別れ)」に関する思い出を語ってもらいます!明るく前向きなお別れから、ビターなお別れ、変なお別れ、思わず笑っちゃう面白いお別れなどなど、色々な話が飛び出していくと思いますので、どうぞお楽しみに!^ ^

そしてトップバッターは私が務めさせていただきます!よろしくお願いします!
私にとっての思い出のグッドバイというと、色々と思い浮かぶことはあるのですが、一番印象に残っているのは留学中に知り合った人とのお別れです。
私は二回生の夏休み、一か月だけフランスに語学研修に行っていました。現地の寮で生活しながら、平日は毎日語学学校へ通って勉強していました。夏休みなのにね!
あるとき、ちょっと遠出する用事があり早朝のバスに乗る予定だったのですが、休日ダイヤになっていることをうっかり忘れて乗り遅れ、次のバスまで30分以上待つ羽目になりました。付近にはコンビニも何もなく、電波がないので携帯も使えず、早朝なので通りがかる人もおらず、私は一人ぽつねんとベンチに座ってバスを待っていました。するとそこへ、旅行鞄を持ったお兄さんがやってきました。私は特に気にせずそのままぼーっとしていたのですが、しばらくするとそのお兄さんが話しかけてきました(フランス語で)。「バスがなかなか来ないね」「今日は寒いね」みたいな感じでした。正直、異国の地で見ず知らずの人にいきなり声をかけられて最初は怖かったのですが、すごく感じの良い人だったので、私も片言ながら「そうですね」「お天気悪そうですね」と返しました。
私のフランス語能力は決して優れているとは言えず、挨拶や簡単な日常会話しかできないし発音もへったくそだったのですが、お兄さんは構わずにまるで十年来の親友と話すみたいに気さくにお喋りしてくれました。文章だけだと伝わらないかもしれないんですが、本当にめちゃくちゃいい人だったんですよ……!!そうこうしているうちにバスが来て、行き先が偶然同じだったのでバスに乗ってからもずっとおしゃべりを続け、かれこれ一時間近くお話ししていました。
話している中で、そのお兄さんはドイツから語学研修に来た人で、丁度これから国へ帰るところなのだと教えてくれました。フランス語があまりにも上手だったのでドイツの人だなんて思えませんでした……。バスを降りて、行く方向が分かれるところで「お話しできて楽しかったよ、ありがとう」とお互いに言いあって、さよならしました。
会って一時間足らずでお別れしましたが、本当にかっこよくて優しくて素敵なお兄さんでした。こんなドラマみたいなこと実際にあるものなんだな……としみじみ思ったのを覚えています。連絡先交換などはしませんでしたが、ふとした時に思い出して、元気かなぁと思ったりします。

以上が私の思い出のグッドバイです!自分で書きながら、すごくフィクションっぽい感じするなと思いましたけどノンフィクションです一応!ちなみにフランス語だとグッドバイはau revoirといいます!

一発目から長々と書いてしまってすみません。読んでくださった方ありがとうございますm(__)m
さて、ではブログリレー第二走者はこの人にお願いします!!

_人人人人人人人人人_
> 放浪かめれおん <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

厳正にあみだで決めましたよ!
それでは、長々と失礼いたしました!
またお会いしましょう!!



復活!卒業公演!

ブログを書くのは久々になります、4回生のみつ豆ピーチです。
諸事情でSomethingのブログ更新が止まっておりましたが、Somethingはサボっているわけではありません!
むしろめっちゃ動いてる!!!!動いてます!!!
私の身体も連日の稽古(一年ぶり)で筋肉痛が絶えません。就活が生み出した闇は深い。
しかし身体を動かすのはとっても楽しいです!毎日が新鮮というか、1日1日の濃さが凄いです!

さてさて、ツイッターでも情報は解禁しておりますが、改めてこちらでも卒業公演の情報を公開させていただきます!

----------------
演劇グループSomething 四回生卒業公演


『グッドバイ』


演出】太宰治「グッド・バイ」
脚本】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
演出】雨粒飴子

あらすじ
田島周二は、雑誌編集長で妻子持ちの身でありながら
闇商売でしこたま儲け幾人もの愛人を抱える不埒な男。
心機一転、田舎から妻子を呼び寄せ真面目に生きようと考えた彼は、
愛人たちと別れる為にある計画を立てる。
それは、偽の妻を引き連れて愛人たちを歴訪するというものだった。
はたして、田島は過去の女たちを清算し、まっとうな人生を歩んでいくことができるのか?

この春、演劇グループSomethingが送る、おかしな恋愛狂騒劇!

会場
関西学院大学 旧学生会館2階ママ上ホール

料金
完全無料

----------------
ですです!
この公演のお知らせを親にしたら「まーた不埒な」とか言われましたがそんなことはありません!
太宰?暗そう…。とかそういうわけでもありません!
むしろ健全、てんやわんやの「スクリューボールコメディー」となっております!
太宰の印象が180度変わるような、面白おかしな内容となっております。語彙力が無い!けど面白い!
私の貧相な語彙では伝わりそうもないので、気になった方はぜひぜひ足をお運びください!

他にもいっぱい書きたいですが、今日はこの辺で!
今後も色んな卒業公演のあれこれをお伝えできればと思います!シュタッ!

演出日記最終回 裏話、そして次の公演…!

おはようございます!
10月本公演「連続おともだち事件」無事終了しました!
本番まではいろんなしんどいこともありましたが(主に人手不足で忙しすぎるということ笑)、お客さんに楽しんでいただけたらそんなものは吹き飛ぶということを改めて感じられた公演でした。個人的には、高校の後輩が観に来てくれたことと、あるお客様から演出がよかったとお声をかけていただけたことが印象的でした。本当に嬉しかったです(@^^@)!!!



ここで公演の裏話をちょっと…

舞台下ステンドグラス……舞台の床に2箇所光るところがあったと思いますが、あれは舞台美術チーフの彼方のこなた発案の、通称ステンドグラス です!パフォーマンスやレンタルフレンド会社のシーンなどで光っててインパクト大だったと思います((o(・v・)o))アンケートには「どうやって舞台立ててるんですか」という質問が多かったです。作りたいという真心、そして気合があれば大道具班がやってくれます、笑

赤い花……ラストシーンの赤い花びらの映像は、初映像チーフで1回生のこんこんまるが作りました!演出のいろんな要望に快く応えてくれ、最後は私の脳内イメージとほぼ同じ映像を作ってくれました∩`・ω・∩すごい!

傘折れまくり事件……見どころでもあった場面転換のパフォーマンスに使用する傘が稽古で折れまくり、楕円形の傘を大量生産してしまいました😊😊傘って意外と高級…!

水班事件……「ラストシーンで舞台に水が降って、一面が霧に包まれその水滴に映像が映る」という演出のめちゃくちゃな要望を叶えようとできた部署。非現実的ということで結成から5日くらいで舞台監督に潰されました。誰か叶えてくれ…笑


てなわけで、Somethingはこれからも芝居作りに励みます!


そしてそして!今日から学祭公演の本番です🌷🌷私は役者します(ダブルキャスト制)。役者は昨年度ぶりですので緊張もしますが、舞台に立てることに感謝しながら、楽しんで精一杯やろうと思います!
お客さんに元気と勇気を与えることが目標です☆お時間ある方はぜひ遊びにきてくださいね!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


演劇グループSomething 学祭公演


『傷は浅いぞ』


【作】中屋敷法仁
【脚色・演出】チキチキバンバン


【あらすじ】 
 マネージャーの官兵衛とともにトップアイドルを目指す矢衾愛弓(やぶすまあゆみ)。彼女はMステで放送事故を起こし、アイドル生命の危機に瀕していた。そこに舞い込んだ唯一の仕事、それは伝説的ゲームバラエティ番組「電波ガールズ」への出演だった。番組内で出されるお題を三週連続クリアすれば、冠番組や写真集の発売が約束されるというおいしい話。しかし、うまい話には裏がある。番組スタッフが繰り出す試練を、愛弓ちゃんは次々と突破していくのだが……。
果たして彼女は電波ガールズを勝ち抜くことができるのか。
アイドルになりたい者、アイドルを守りたい者、アイドルを殺したい者、彼らの異様なまでのアイドルへの執念が、今、激突する‼


【公演日時】 
11月5日(土)  12:30〜/16:30〜
       6日(日)  12:30〜/16:30〜

※上記はいずれも開演時間 
※開場時間は開演時間の20分前


【会場】 
関西学院大学 旧学生会館2階多目的練習場1


【アクセス】 
阪急今津線甲東園駅より 徒歩約20分 

バスをご利用の場合は 
阪急今津線甲東園駅より 約10分 「関西学院前」下車 
JR西宮駅より 約20分「関西学院前」 下車 


【料金】 
完全無料 


【HP】 
http://www.geocities.jp/somethingweb1/ 


【Twitter】 
@Something_Twi 



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


これからもSomethingの応援よろしくおねがいします🌼☀️最後まで読んでくださりありがとうございました✨✨

演出日記6 今日から本番!(道案内)


おはようございます!昨日の晩からしゃっくりが止まらないひかすいです!風邪にご用心(´ΘωΘ`)

なかなかブログ更新できずにいました…というのも、Somethingは公演の数日前から仕込みといって舞台を立てたり照明を設置したりする作業をします。この期間は朝から晩まで稽古もしないでみんなで作業にとりかかります😊😊なのでちょっと忙しかったというわけです…!

昨日はその最終日でした。そして今日から本番です!!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

演劇グループSomething 10月本公演


『連続おともだち事件』


【作】青木秀樹(クロムモリブデン)
【演出】ひかすい


【あらすじ】
現代日本。おひとり様の多い世の中に「レンタルフレンド」は存在する。お金を払えば好きな時にちょっとだけ、おともだちを貸し出してくれる。
同じく現代日本。おともだちのできない世の中に「メンタルフレンド」も存在する。ボランティアで、おともだちを紹介してくれる。
え、レンタル?メンタル?
そんなことはどうでもいい!レンタルもメンタルもおともだちが大好きだから。おともだちになるのが大好きだから。おひとり様よりおともだち。何名様ですか?おひとり様いやおともだち様です。

おともだちと遊び、おともだちに泣き、おともだちを憎み、おともだちで悩む人々の話。


【公演日時】
10月28日(金) 18:40~
29日(土) 13:20~/18:40~
30日(日) 13:20~/18:40~

※上記はいずれも開演時間
※開場時間は開演時間の20分前


【会場】
関西学院大学 旧学生会館2階ママ上ホール


【アクセス】
阪急今津線甲東園駅より 徒歩約20分

バスをご利用の場合は
阪急今津線甲東園駅より 約10分 「関西学院前」下車
JR西宮駅より 約20分「関西学院前」 下車


【料金】
完全無料


【HP】
http://www.geocities.jp/somethingweb1/


【Twitter】
@Something_Twi

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

〜正門から会場までの道案内〜
1.関西学院大学正門から入り(右側に『連続おともだち事件』立て看板が!)、中央芝生に沿って左側の道を進み、時計台付近まで行く(近くに図書館もあります)。
2.「時計台ミュージアムへ行こう!」という水色の看板があるところを左に曲がってまっすぐ進む。途中、右手に大きな体育会用掲示板、左手に池田泉州銀行のATMなどがある。
3.横断歩道を渡る。渡ってすぐ右側にある建物の中へ。ポケットママという生協やビッグママという食堂がある。
4.その建物の2Fです!!!

書いてみると道案内って難しいですね(´ΘωΘ`)



舞台も照明も音響も、その他諸々こだわりでいっぱいです!
例えば、光る舞台美術や、パンフレット(隣の人と見比べてみてください)などなど!?言い過ぎるとネタバレになるので後は本番のお楽しみということで…(ノ)・ω・(ヾ)


部員一同、会場でお待ちしております🌼🌼⭐️
twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク