スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看板をめぐる物語

脳内メーカーは悪で囲まれている近場です。
(その他:遊、愛、秘←たくさん)


稽古もラストスパートであります!
稽古風景をチラッチラ見ながらケラッケラ笑ってたわけですよ。
そして今日は矢印看板を作らせてもらいました。
某お方から作りかけの矢印看板をお褒めいただいて、
内心べらぼーに嬉しかったわけです。


そこでアドバイスもらいました。

『矢印の下に「こっち」ってシュールに書いたらおもしろいんじゃない?』

『がんばります。』


下書き開始。

愛用の筆ペン使用しました。
何個「こっち」と書いたかわかりません。
何個「こっち」と書いてもらったかわかりません。
総勢5人の方に書いてもらった「こっち」を見て参考にさせてもらいました。
下書きの紙が「こっち」でうまりました。
納得のいく「こっち」を見いだせたので、いざ本番。


(>_<; )


顔文字で察してください。



察することができなかったあなた。

そんなあなたが大好きです。教えてあげます。






………ミスったんです。



他の人が見たら普通じゃんと言うかもしれないんですが、
違うんです。
シュールさをにじみ出したかったんです。
それが…。
5名の方々、ごめんなさい。ベストをつくせませんでした。


しかし、あえて公にだします。
だって、1時間近くかけたんだから、この看板に。
見つけてやってください、そして、
シュールっぽさを出そうとした「こっち」を見て
あざけ笑ってください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シュールさを重んじる君はすばらしい。
twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。