スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REI;の舞台裏レポート*役者編~ver.ちひろ~

どうもこんにちは。
こないだ私物を持って帰るため多目にいたら、
入ってきたさや豆や桃白白にまるで関学でパンダを発見したような目で見られたREI;です
(公演終わったら当分上ヶ原に現れないと思われていたため)。

それはさておき、みなさま、5月新入生歓迎公演おつかれ様でした!
そしてご来場くださったお客様、本当にありがとうございました!!!
『悩乱×ジャンキー』、無事幕を下ろすことができました。


さて、一公演あるごとになにかしら裏話はできるもので。
前回の『ゴ・湿布ス』に引き続き、私REI;が知られざる?舞台の裏側もしくは本番秘話?をできる限りリポートしたいと思います♪

で、今回は役者として「ちひろ」という女性を演らせていただいたので、彼女にまつわる裏話を。
今回のネタは―

ちひろ、奥舞台でほふく前進!!?

それはちひろが父のアルバムを見てしまった事により、衝撃の事実を知ってしまうシーンでの事。
芝居的な流れで言うと、

ちひろ、奥舞台へ駆け込み父を問い詰める
   ↓
父、ちひろを殴り、抱きしめ、檻に監禁する
   ↓
ゆらの歌「ママはここの女王様 生き写しのようなわたし」
   ↓
ちひろ、絶叫
   ↓
舞台は病院へ移り、新見とゆらの会話

ここでの私の役者的な流れでは、

ゆらの歌「ママはここの女王様 生き写しのようなわたし」
*ちひろ絶叫
   ↓
照明:目つぶしイン
*目つぶしが光ってる間に檻からはけ、下手に移動

でした。
が!
ホールでの通し初期段階では、目つぶしの位置が決まっていない事もあり、
光っている一瞬の間に檻から脱出するのは至難の技でした。
しかもその時は絶叫した後倒れるという設定にしていたので、余計に起き上がってハケる時間がない…!
どうにかして上手くハケられないものか…!?

そこで思いついたのが「ほふく前進」!!!
これなら静かに、お客さんにバレずにハケられる!
そう思った私は即実践!!

………ちひろの腕に覚えのない生傷が増えました。

ちなみにこの時、そばにいた丸さんは
父→権田への早着替えが待っているにも関わらず、
真剣にほふく前進する私をじっと観察していました

で、衣装が傷付いては大変とわざわざこのシーンのため(ほふく前進のため)に、
檻の中にパンチをしいてくださいました。
ありがとうございました。

まぁ、結局目つぶしの時間が長くなったので、
本番はほふく前進せずフツーにハケたんですけどねっ☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。