スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライバルと仲間

10時ちょっと前に多目的練習場につくと、メンバーがもうすでに発声などの準備を始めていた。

いつもの稽古前とは少し雰囲気が違い、柔軟をしていても、笑っていても何処かに緊張を抱えている。 
私もいつものように大きな声で元気良くみんなに挨拶をしてテンションを上げるなどということはしない。「自分のテンションは自分で上げろよ」と思いながら、真顔で準備を進める。

何日も前から準備をしているが、当日になっても準備することは多い。
「コレだから、人数が増えるといやだ」などという、幸せに満ちた文句を言っている。

皆に20分の準備時間を与え、本番が始まった。


そう、今日は
10月本公演キャストオーディション


メンバーたちの実力を見せてもらい、それに応じて役を決めようということ。
けして日頃、メンバーのことを見ていないわけではない。むしろ、どの団体の部長より部員一人一人のことに目をかけていると自負している。しかし、あえてオーディションをするのは、演出として、責任をもって、見れていないその子のいいところや悪いところを発見して、次の公演をよりよいものにしようという試みだ。

内容は
発声、滑舌、感情表現、メリハリ
などの能力審査

笑いのセンス、演技の発信力と受信力
を見るパフォーマンス

絵本の音読
での色彩を持った長ぜりをいえるかを見る能力

そして、最後に役の本読み



確かに、どれだけ能力があるかを見ることは面白い。意外に能力を隠していた奴、いや、コレまで発揮できていなかった奴らが多い。
しかし、それにもまして面白いのはオーディションを受ける人たちの真剣な面持ち、役をとりたいという姿勢。そうでなければ、いつも笑っている松岡が、優しいジョン・エリィが、大先輩寝首欠伸さんが真面目な顔をして厳しく審査しているのにだんだん自信をなくしていく奴らが面白い。 「お客さんは最初このくらい冷たいよ」と言うかのように真顔で審査をする審査員。

今日の結果を元にキャスティングを考える。

収穫はあった。

案外声の小さい奴は少ない。
しかし、いい意味でも、悪い意味でも相手を見れない奴が多すぎる。
ねぇ、もっと、ぶつかろうよ、みんな。
つぶしあうんじゃなくてさ、ガチンコでぶつかり合うんだよ・・・。

そういう風な僕らにこそ、いつも優しかったサムシングの空気を真剣にして、お互いに戦わなければならないこういう場もたまにはいい気がする。

昔、クラブの監督に言われた。
「お互いに真剣にぶつかり合い、相手の攻め方も守り方も得意なところもダメなところも、そして細かい動きや、果ては呼吸でさえ知り尽くしたライバルこそが、ここぞの時に頼りになる一番に仲間になるのだ。」と

僕もこいつらと戦いたいな、と思いつつ、なんだか悔しくも悲しくもある演出、そして上回生というポジション。 ま、いいよ。  演出してるときはいつでも臨戦態勢だし


さて、どのようなキャスティングになるのやら・・・。

乞うご期待
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。