スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載企画:(しらプリの)知らんぷりしないでェ!!第3週

忙しくてもテレビくらいは観たいんですよ。てか実際観るんですよ。夜ってアリナミンAのCMよく流れてるんです。そのCMの最後に吉瀬美智子さんが



"おはよう"



って言うんですね。その声と顔を思い出しながら寝たら、もしかして翌朝目の前にスーツ姿の吉瀬美智子が



"おらんわな"




こんばんは。しらたまプリンスです。
早くも連載三週目であります。需要があるんだかないんだか。まっ、どうあれ連載は続きますが(°▽°)


稽古、今のところ順調です!!
昨日始めて台本全体を1度通してやってみたのですが、いやはや段取りがなかなかに多い芝居です。
ここに殺陣・パフォ・歌がプラスされると考えると……ぞぞぞッ!!な訳です。まだまだへこたれてはいられませんo(^-^)o



さてさて、サムの女性人は女子力が高いんですね。気遣い、これは日本女性の奥ゆかしさの根底でありましょう。

えっ、何でこんなに持ち上げるのかって。それは決まっております。
チョコ類を用意して持ってきてくれたからですよ。

誠に美味しい午後を過ごせました。ありがとう、女子。真心サンキュ♪糖分サンキュ♪
1年でこれほどまでに集団に身を置いていて良かったと思う日があるでしょうか。
いや、ないですね(笑)



ところで、冬場は肌と衣類が擦れるので背中をかいちゃいます。ちょっとしたブツブツができたりしてヤな気持ちになるのですが、
筋子って美味しいんですかね。

私にとっては食べた記憶がない位に縁がない食べ物なのですが、観た記憶はあるんですね。
昔、ドラマで「女任侠筋子肌」ってのがありまして。

組長に裏切られた愛人が復讐に燃えるあまり、片腕が組長が苦手な筋子になっちまったという筋書でして。
この愛人役を演ずるのが真木よう子さんでして、カッコいいんですよ。筋子のブルースとか急に歌い出したりして(笑)


その真木よう子さん主演の今シーズンのドラマに、「セーラームーン」のワードが出てきたんですね。変にテンション上がりましたよ。

"幼い頃にセーラームーンごっこするときには、私はいつも残り物のジュピターだったの…"みたいなセリフで。
って、女の世界ってシビア。幼稚園からシビア。やー、くわばら、くわばら。




それにしても、日本の女優さんは30代が激戦区だというのは私的見解でありまして。

おっと、ここで新コーナー




★New★
"小競り合いだよ!?勝手にダービー!!"



いやいや、始まりましたね新コーナー。
このコーナーではですね、予想屋に扮した私がテーマごとに毎回勝手に本命・対抗・大穴を紹介していく、比較的どーでもいい企画でございます。


して、"バレンタイン杯"と題した今回のダービーテーマは…



「90年代 女性アイドル」


90年代はアイドル冬の時代とも呼ばれましたが、アイドルから今を瞬く女優に転身された方が多かったのも又事実。今回はそういった方に的を絞って紹介していこうと思います。



それでは、

《本命》観月ありさ
→若干14歳の彼女が歌ったデビュー曲「伝説の少女」は正に伝説の1曲。作詩・作曲の尾崎亜美。以後数々のドラマで主演しますが、「斉藤さん」にはハマった(懐)


《対抗》広末涼子
→竹内まりや作詩・作曲の「MajiでKoiする5秒前」は眩しいPOPキラー・チューン。ドラマ「ビーチ・ボーイズ」での学生服が忘れられない。


《大穴》松雪泰子
→実は歌ってました。Mステにも出てました。シングル「時を越えて」はアニメの主題かに。とりわけ舞台での歌声が素晴らしいのです!!




はい、あくまで私的見解ですのでお気になさらす。永作博美もribbonのメンバーでしたし、菅野美穂・中谷美紀は桜っ子クラブの一員でしたし、
90年代は奥が深いという所で、今週はここまで。


また来週も読んで下さいね、ではでは、よい週末を…(^-^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。