戦国時代って?

土曜日コラムなんて気にしない。
ピーチは好きだけどみつ豆はそんなに好きじゃないみつ豆ピーチです。
豆が嫌なんですよねあれ。みつピーチに改名しようかな。

さてさて、今公演の田舎の侍、舞台は群雄割拠の戦国時代です。
ということでちょこっと戦国時代についてちょっと話そうかと思います。ヾ(o・ω・)ノ
私は演出ではありませんし
超個人的な解釈やらなんやら混じってますので話半分に見ていただければ。

戦国時代っていうのは1490年頃~秀吉の天下統一あたりまでと言われてます。
そこらへんはかなり曖昧で、解釈によって始めも終わりも異なってたりします。
幕府が諸々で弱体化したので、代理で国をおさめてた奴らがヒャッハー!しだしました。
これが戦国時代です。殺るか殺られるか!シンプル イズ ベスト!

国民をいい感じに治めながら、他国との駆け引きを行いつつ邪魔な他国を滅ぼしていきます。まさに信長の野望。
殺るか殺られるかの社会なので、いろんな人が花開いては散っていきました。儚いですね。

たとえば、宇喜多直家なんていう大名がいますが
奴はぶち殺したい大名がいたら、そこに娘をとつがせて仲良くして、(政略結婚は裏切らないよね、仲良くしようねっていう証でもあった)3年ぐらい立ったらある日突然ぶち殺すという作戦をとっていました。
入学式で知り合った子と仲良くなって、卒業式に突然殺される感じです。おそろし。

∧_∧
( ´・ω・) <ささ、お茶でもどうぞ(死亡フラグ)
( つ旦O
と_)_)

ほかにも爆薬で自爆した大名やら(これは結構有名ですね)
男色(ホモォ)が原因で滅んだ大名やら
息子が死んでぶっ壊れた大名やら
主君の忠誠の為、ニッコリ顔で息子達を誅殺しまくったお父さんやら
面白い人がいっぱいいます。

最終的に統一したり色々したのは信長・秀吉・家康ですが、そのほかの大名のエピソードとかをたどってみるのも面白いですよ。ぬふふ。
「戦国のいい話、悪い話」でググるとそういう大名のエピソード集が見れます。おススメ!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク