スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わったけどこれから始まるんだよ。

公演中になんと21歳になってしまいビールを飲んでみたけどやっぱりまだちょっと早かったお子様な槻市ひよですどうもこんばんは。

20まではどんどんできることが増えていって、年をとる毎にうれしくなっていったもんですが、20越えちゃうともうなんかダメですよね。

次はあれですか、25の衆議院選挙ですか。でも槻市立候補する予定ないんですよねぇ・・・。どうしましょうか。また考えておきます。



僕が年をとったことなんてどうでもよくて、知らない間に公演が終わっちゃいました。

本番中も目をギラギラさせながらノートにメモを取っていました。公演中もステージごとに反省点を探してクオリティをあげるのが演出のお仕事です。




どうでしたでしょうか、新入生歓迎公演『ブスサーカス』。

楽しんでもらえたでしょうか。

思っていたのと違う、怖かった、などの意見をたくさんいただきました。

印象に残ったセリフ「トロール」との意見もたくさんいただきました。そこかよ。

なんと僕のブログを読んでくれている人がいたようで、アンケートに書いていただきました。ほんとに恐縮です。今日からあなたのためにブログ書きます。



さてさて、せっかく公演も終わったことですし、裏話でもしましょうか。



【公演後恒例、裏話シリーズ】


1.カァン!!

今回の公演中、徐々に殺すことに戸惑いがなくなっていった一人の女性が椅子で仲間をなぐり殺すシーンがあったんです。「ガシャッ!!」という木材がはじけたような音が鳴り怖いものになっていました。
一方、包丁を投げてそれがキッチンのフライパンにあたり、「カァン!」という間抜けな音が鳴り響く、というシーンがあったのですが
リハーサルの時、椅子のシーンでオペレーションのよこいが間違えてフライパンの効果音を慣らしてしまい、戦慄シーンで「カァン!」という音が舞台に鳴り響きました。
タライかよ、と。バカ殿かよ、と。バカ殿って一世代下に通じるんですかね。いえ、ちょっと気になっただけです。


2.スモーク

今回、右奥にカウンターがあったのをご存じでしょうか。そして、ラストシーンで、照明の線が見えたのを覚えておられるでしょうか。
あの照明の線は、スモーク、と呼ばれる機材を用いて霧を出すことにより、その粒子に光があたり結果的に光の線が見える、という仕組みの効果機材なのですが、
あの機材、しらたまプリンスが操作しておりました。
実はあの「ちょっとおかしくない?」の緊迫したシーン、カウンターの裏ではしらプリがこそこそとスモークの機材を扱っていたのです。

さらにリハーサル、そのスモークが出ませんでした。

しらプリのオペレーションミスか?とどよめいていたのですが、反省会でのしらプリの一言

「あれって、コンセントを刺さないといけないんですね。」

そうだね。としか言えませんでした。あまりに屈託のない笑顔でいうものですから場がとても和んだのを覚えています。


3.えーーーーっ!?

確か3ステージ目のことです。雀卓を囲む椅子が5つあったのですが、今回役者黒一点の綾音大空が一人語りするシーン、ちょうど盛り上がっていたところで椅子の足が折れました。
あまりに突然に折れたので綾音が「それでね、こう寝ようとして〈バキッ〉エエェェェェエェェェエエェエエ!?!?!?」と絶叫していました。その反応があまりに素だったので舞台袖で吹き出しそうになりました。






他にもいろんな裏話があります。機会があれば他の部員が話してくれるかもしれません。



最後に、開場中の話。

最初に話が始まる前に暗転があったのですが
あの暗転の前後にも1つ仕掛けがあったのに気付いた方はおられるでしょうか

開場中ウロウロしていたあの男は?

暗転前後での雀卓の位置が、ひとつの答えになっているかもしれません。


なんやかんや考えてくれたら、演出としてはうれしい限りです。


偉そうに話してすいません。



夜も更けてきましたので、このへんにしておきます。


またなんか書きます。


おやすみなさい。よい夢を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。