スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪音響班♪

一回生のみなさん、はじめまして。そうでないかたは、お久しぶりです。よこいおさむです。
新歓公演にて音響チーフを務めさせていただきます。今の時点でドキドキです……。

まあ前置きはここまでにして……
今から、音響班のちょっとした説明をしようと思います!



 音響班とは、その名の通り、劇中に流す音を決めて、流す部署です。
 ちなみに『音』というのは、役者の動きに合わせて鳴らす効果音(ぶっちゃけて言えば擬音語、擬態語の役目を果たすもの)と劇の様子に合わせて鳴らすBGM(雰囲気づくりのためのもの)の二種類あります!

 もう少し細かく話すと、
1.まず台本を読んで、役者さんの演技も見て、どこに効果音、BGMを入れるか考える(『プラン』を作る、と言います)。
2.演出さんと話し合って自分の考えたものを調整する
3.曲、効果音を探す
4.見つけたものを演出さんに聞かせたり、実際に役者さんの練習中にかけたりしてさらに調整する
(2~4を何回か繰り返して……)
5.音集め完成!
6.音を流すための機材を準備する(スピーカーを設置したり、色々します)
7.本番で流す
という感じです。

細かくと言っても結構ざっくりの説明になりました……(;´∀`)


音響班の醍醐味はおそらく人それぞれだと思います。
例えば、イメージ通りの効果音を見つけた時や、自分が見つけたBGMに演出さんが「これいいね!」と言ってくれた時、本番で役者の動作とピッタリのタイミングで効果音を流せたとき、綺麗にBGMを流せられたとき……他にもたくさんあります。
ただ、共通していえることは、とことんこだわれることです。これは音響班だけでなくどの部署でも言えることですが。
プランを作ることにこだわる、よりよい音集めにこだわる、使う機材にこだわる、舞台上で流す音にこだわる、流し方にこだわる、いくらでもこだわれます。


さて、これ以上長々と語ってもスペースを取りすぎてしまうのでここらへんで切り上げます。

最後に使っている機材の写真をいくつか載せます!





ラジカセ
これは……ラジカセですね。


サンプラ
これは……?

アンプとMDデッキ
これらは……!?





一体何に使うんでしょうね…………?これらの機材はまだまだほんの一部です!
百聞は一見に如かず!
興味を少しでも持った方でも誰でも是非、旧学生館2階多目的練習場1まで!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。