わんわんわん!!

えっちらほっちら。槻市でござんす。


夏公演おわっちゃいました。


演劇の何がすごいって、大楽の次の日にはもう舞台ぶっ壊して跡形もなくなってるってことなんですよ。


去年の今は「え、もう!?!?」って感じだったんですが・・・慣れってこわい。




さてさて、せっかくなので演出だからこそ言えることでも言いましょうかね。



パフォーマンス、今回は二つありました。

OPのタイトルドーンして人物紹介するものと、
マカベ少年と三人の苦悩を描いた通称「マカベパフォ」。


個人的には結構自信あったんですけど・・・どうなんですかね?ね??

オープニングパフォーマンス、今回椅子を使ったスクリーンに挑戦してみました。
僕自身映像班ということもあり、芝居自体が電気電気してるので絶対映像は使いたかったのですが、せっかくなので、何もないところにスクリーンでたら面白いんじゃね?ってなってやってみました。ちゃんと映ってましたかね?(´▽`)


今回ラジオドッグの演出をすると決まった時点で椅子を使ってスクリーンにする、というのと、終盤のシンタロウがボコボコにされるシーンの立ち位置は決定していたので、どちらも実現できてよかったです(´▽`)


マカベパフォですが、なんだかとてもアングラなパフォーマンスになっちゃいました。
こっちのパフォーマンスは一応全ての振り付けに意味があります。

特に気持ちをこめたのが、終盤の握手をして立ち位置が入れ替わるところ・・・

各々のつながりと離れ、交錯とか出会いと別れとか、なんかそんな感じをふわぁーっと感じていただければ嬉しいです(曖昧)



10月公演、演出はわれらが高身長、なにわのマーライオンはんです!

笑われガスターというお芝居、どんなことになるんでしょうかね??

ボクは役者で出るのか出ないのか!



楽しみにしてくださいね~~~(´▽`)


ではでは。
また暇があれば裏話とか書いちゃおうかな、と思いますよ。
スポンサーサイト
twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク