文楽やっちゃうかも。

どーもー。

最近は自分の人生のこれからについて考える日々です。
シューカツ、オーディション、文楽の研修所に入ろうかな・・・、とか。
就職するなら、日本の演劇を元気にできる会社やら公団やらがいい、と思ってるんですが、なかなか難しいかな・・・、と思いつつ。

でね、そんな活動の一環で、先日国立文楽劇場に行ってきました。
テレビでやってるヤツとか、図書館とかで何度か文楽は見てて、正直面白い演目は面白いけど、あんまりなのが多いなぁ。と思ってたんですよ。
でもね、いや、やっぱり日本の伝統芸能ってすごいわ~。
実際見たら、もうなんていうんだろ、生きてるんだわ。
いやいや、人形だって分かってるんだよ。
でも、生きてるんだわ。
仕草とかが客席の一番後ろで見ても「すごい!!」って思えるのさ。
いやいや、プロの役者なんかより演技がずっと細かい。
ま、達人が3人で1人を動かしてるんだからあたりまえっちゃ、あたりまえなんだけどさ。

でも、物語として面白かったか?と聞かれると、正直言ってNO悪いけど、サムシングの観てるほうが面白い。

まず古語があんまり分からない。分かるんだけど、ずっと単語の意味をとらえようとしてると肝心の人形の動きが見られない。だから筋が曖昧にしか分からないのよ~。

それから二人三人のシーンが面白いのに、一人のシーンが多い。
それは人形遣いの数の関係もあるのかもしれないけど、そのせいで、なんか見てて飽きる。

せっかく舞台照明があるのに、暗転以外ほとんどベタ明かりしか使わない。

総括すると、なんかもったいない。今の人間の価値観にあってない。
型とか、義太夫節とか芸術的なレベルは高いのになんかもったいない。

きっと、古くからあるやり方ばっかり守りすぎて、やり方を変えられなくなっちゃったんだろうね。
これって芸術全般に言えることで、変化を恐れてるものってすぐに消えていくんですよ。特に舞台芸術は。

って強引にサムシングにつなげちゃうけど。
代替わりしたけどさ、これまで通りやってたらいいや、て、みんなが思ってると時代に合わなくなって、逆に質が落ちる。 これまで以上にしようっておもってはじめてこれまでどおりぐらいにできるわけで・・・。
だって、君らと先輩たちはたった数ヶ月しか一緒にいないのにその先輩たちがやってたこれまでどおりができるはずもなければ、それが時代にあっているとも限らない。

変化してはじめて生き残れるんだって、人形浄瑠璃だって昔はたくさんの劇団があったのにいまや文楽座一座のみ。芸術的レベルがもの凄く高くても、たった一座になっちゃったんだよ。

そんなこといいながら、新歓公演はものすごく期待している私。
スポンサーサイト
twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク