スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドなオモチャのバイタリティー

季節の変わり目が終わりました。日中は暖かくなってきましたが、夜中はまだまだ寒さが厳しいですね。気の抜けない日々が続きます。

どうも。前回水瀬菊さんからご紹介にあずかりました、みくすどろいどです。

まだまだ若造な私ですが、近頃身体の節々がミシミシと哀しく音を立てることが多くあります。
年齢が20歳を超えると突然に身体にガタが来るとよくテレビなどで紹介されていますが、本当ですね。寒さのせいでもあるかもしれませんが‥。

芸名が「みくすどろいど」とロボットのような名前ではある私ですが、オイル点検はこまめに行うべきだと周囲に口うるさくガタガタと言っている今日この頃です。

さて、「グッドバイ」をテーマに続いているリレーでありますが私にとってのグッドバイはオモチャとの別れであります。

私の実家には幼少期に買い与えられたオモチャがたくさんありました。そのオモチャ達のせいで一室が狭くなるぐらいでした。オモチャ達の内容は仮面ライダーやウルトラマンの人形、レゴブロックや積み木、車やヘリコプターのラジコン、色々なキャラクターのフィギュア、モデルガンや剣のオモチャなどなどとごちゃまぜです。

しかし、長い間オモチャは処分される事なく維持され続けました。

その理由はただ単に私が手離すのを躊躇していただけでした。

このように書くと私が幼稚な思考を捨てきれない未練がましい人物のように思われる方も居られるかもしれません。

ただ、幼少期をともに過ごした友達とも言えるオモチャを捨てることはあまりにも自分にとっては心苦しいことでありました。

その原因の1つとしてある映画の存在がありました。ディズニーピクサーの「トイストーリー」シリーズの影響です。

「トイストーリー」シリーズの中ではオモチャ達とその持ち主の絆が描かれ、私が昔から大好きな作品の1つでした。

その「トイストーリー」シリーズの3作目、「トイストーリー3」ではオモチャ達の持ち主であるアンディが大学生になり、オモチャで遊ぶ時間も関心も無くなってしまいます。しかしオモチャ達はいつまでも再び遊んでくれる日を楽しみに待っているというものでした。

私はこの「トイストーリー3」を観たときにオモチャをただの物質として扱うことができなくなりました。

そのため、未だにお気に入りのオモチャ達とは思い出したかのように遊んでいたりします。幼少期のように無邪気に遊ぶことはすることが出来ませんが、心が苦しくなった時には安らぎを与えてくれます。また、形の定まらない彼らは思いもしないアイデアを私に与えてくれます。

私はオモチャ達にグッドバイの考えをグッドバイしました。

色々と書いてきましたが、苦痛を伴う別れを無理矢理行う必要はないと私は思います。巷では利便性の高い最小限の持ち物だけで過ごすことを勧める本などが出回っていますが、自分に長年寄り添ってきたパートナーを切り捨てない選択も間違いではないはずです。

色々な考えを持つ人々と共に行動をすると自分1人では思いつけないようなアイデアを思いつくこともあります。

思いもしないアイデアは最小限の持ち物だけでは生まれないはずです。

ごちゃまぜのオモチャ達とバラエティ豊かな人間は何が違うのでしょうか?


以上が私のグッドバイについてのエピソードとグッドバイに対する意見でした。

次の「グッドバイ」のバトンは、アイデアメーカーといえば私が真っ先に思い浮かぶチキチキバンバンさんに渡そうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

他己紹介

どうも、梅雨の時期でジメジメが気になる、みくすどろいどです。
少し日にちが開きましたが‥
他己紹介をしたいと思います。

以前よりSomethingメンバーから「他己紹介で褒められるとすごく嬉しい!」と聞いていましたが、本当ですね。アルトさんに他己紹介をされた日は一日中ニヤニヤ顔が止まりませんでした。

では、次は私がSomethingメンバーが一日中ニヤニヤ顔を止めることができないようにさせていただきましょう。

今回紹介するのは‥‥


鴫野さんです!


まず、僕の中で鴫野さんを語る上で外せないのが小道具班としての鴫野さんの姿です。
鴫野さんのことを私は普段より小道具のスペシャリストとして崇めています。
Something過去公演の「国境線上の蕎麦屋」ではとてもクオリティの高いウサギのぬいぐるみを仕上げておられました。
その質の高さに私は購入したものだろうとまで思っていましたが、鴫野さんの手で作り上げられた物だと知り、驚きました。

そして、鴫野さんといえば役者思いの方で有名だと思います。鴫野さんは公演が本番に入りますと必ず役者のいる楽屋に差し入れをしてくださいます。その差し入れによくメッセージが書かれているのですが、その内容は鴫野さんのユニークな発想力により書かれており、例えばややパサパサしたお菓子の差し入れのメッセージには「みなさんの口の中の水分を奪いに来ました♪」と書かれていたりと、本番前で緊張している役者陣を和ませてくれます。

そんな鴫野さんは私たちの頼れる憩いの存在です。

以上、みくすどろいどによります、鴫野さんの他己紹介でした。

大きなアイテム大道具

4月もそろそろ終わりということで、
心地よい気温の日々が続いていますね。
しかし、昼と夜の気温がまだまだ差がありますので、お出かけの時の服装選びに少々手間取りますね。

どうも、みくすどろいどです。
今回の公演で大道具班のチーフになりましたので、大道具とは何かについて説明させていただきたいです。

大道具とは!
ズバリ舞台を作るということです。
役者が活躍する場所を作り上げるということです。

日常の生活がテーマのお芝居などでは家具などを作ったりもします。
Somethingの前々公演の「流れ星」でも私が大道具チーフをしていたのですが、その時に本棚や机、食器棚などを作ったりもしました。

役者が使いやすい高さを意識して作ったり、本番中に壊れたりしないように頑丈に作ったりと使用されることを前提にして作成します。

他の部署のメンバーからは時々、「大手家具店に行く必要がなさそうだね〜」と言われちゃいます♪
そういう言葉を聞くととても嬉しいですね。

いつか家を作れるようになるのではないのか?
と心の中でたまに考えたりもします。

他の部署には無くて大道具班にしかない魅力は何かと聞かれると私は「パワフルさ」であると思います。頑丈な物を作るにはやはり作る側の人間も頑丈でなくてはならないと考えるからです。
現に今の大道具班のメンバーはパワフルな人が多いです。

そんな大道具班が作った舞台を是非とも楽しんでいただきたいです。

長々と失礼いたしました。
みくすどろいどでした。

卒業公演の色々

おはようございます!
みくすどろいどです。

節分を迎えましたがまだまだ寒い日は続きそうですね、春はどこまで来ているのでしょうかね?


私の趣味はウィンドウショッピングなのですが、皆さんはウィンドウショッピングを肯定しますか?それとも否定しますか?

「時間の無駄だ」、「虚しいだけ」という理由でウィンドウショッピングを否定する方もいらっしゃるかもしれません。確かに一見、意味のない行動のように感じられるかもしれないですね。

しかし、私はそうは思わないです。

大きなデパートなどで品物を見て回ることは最近の流行を知るための手段として有効だとは思いませんか?

例えば、よく売られている服の色などからも流行を知ることはできますよね。

と、偉そうに書きましたが。私の普段の私服が流行に乗っているのかと聞かれると、乗り遅れていると言うでしょう。
オシャレって難しいですね、精進します。

ウィンドウショッピングは男のロマンですね。

''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

今回の卒業公演についてです!

「ほらふき王女バートリー」

稽古はもうすでに始まっていて、私も稽古に参加しています!
私が一番推したいポイントは一人一人総勢18人の役者陣がカラフルだという所です。

見た目の話だけではなく、個性もカラフルなのです!

いろいろなカラーが混ざり合ってできる色は果たしてどのような絵を生み出すのでしょうか。

私も周りの色に負けないように頑張ります!


ぜひともご覧くださいませ♪

自己紹介させていただきます。

さきほど手違いで誤った記事を載せてしまいました。申しわけございません。

どうも!
最近新しい靴を買ってご機嫌な、みくすどろいどです。
自己紹介をしたいと思います!

芸名:みくすどろいど

由来:色々な情報を混ぜ合わせて出来上がったロボットという意味で、ミックスされたドロイドという言葉をを少しいじって「みくすどろいど」にしました。
グーグル検索で出てこない造語であることも決め手となりました。

学部:関西学院大学 文学部 総合心理科学科
です。

入部キッカケ:中学生の時に文化祭で演劇をしたのですがその時から演劇というものに惚れ込み、是非とも「高校生になったら演劇部に入るぞ!」と考えていました。
しかし、私の通った高校は演劇部があるにはあったのですが部員数がゼロという無いに等しいものでしたので、願いは叶いませんでした。
そして、高校を卒業し「大学生になったら今度こそ演劇サークルに入ろう!」と決め、出会ったのがsomethingでした。

最近の密かな楽しみ:古い角質を落としてくれる洗顔クリームを手に入れたのですが、これが面白いくらいにポロポロと取れるのでハマっています。でも、何だか取れすぎて怖いので二週間に1回くらいの割合で使用しています。
他にはディズニーの音楽の英語の歌詞を独自に和訳をして楽しむということをしています。「アンダーザシー」が特に好きですね。

意気込み:演劇に対する態度として「技術は後から付いてくる」という言葉があるので、今は自分が一番愉快だと感じる事を表現してみようと思います。


これからよろしくお願いします♪




twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。