桜の季節は終わりを告げ

こんばんは、如月左京です。
4月ももうすぐ終わってしまいますね…新入生の皆さんは新生活には慣れてきたでしょうか。僕は去年の今頃、、何してたんでしょう…?(思い出せない、、)何してたんですかね?(知らんよ)
まだ4月だってのに暑いです。確か先々週くらいまでコートのいる日もあった気がしますよ。それが今や服装のトレンドは見渡す限り夏ものですよねー。春らしい気候ってありましたっけ…。
桜って、五分五分の葉桜になるくらいまでは気になって見てるんですが、そこから100%の葉っぱだけになるのってあっという間…ということに今年気づきましたよ!(気のせいかな)

さてさてこんなところでしらたまプリンスさんにいただいた質問に答えさせていただきます
「夏に観たくなるドラマ」ですね…うーんいっぱいあるのですが
2008年夏クール放送の「ゴンゾウ 伝説の刑事」ですかね!
このドラマ、何を隠そうドラマ「相棒」のスタッフが勢揃いしています。
今どき珍しいオリジナル脚本で、タイトルには「刑事」と入っているのですが脚本家さん曰く「刑事ドラマのふりをした人間ドラマ」、様々な事情を抱えた刑事、そして舞台となる街に住む人たち、それが一つの事件によって一つ一つ丁寧かつ大胆に描かれていくのです。熱い画を撮ることにおいては(僕の中では)定評のある橋本一監督、池頼広さんによる繊細かつホットな劇伴音楽。ひと夏の出来事として描かれるこの作品はまさに夏に観たくなるドラマですねぇ。(あっつい右京さん口調に)
実はこのドラマ、個人的に去年の秋公演「うれしい悲鳴」とちょっとした関係もありまして…まぁそれは別の機会に語るとしましょう…

ここまでも長く書いてきましたが僕も他己紹介をせねばですね!では僕が紹介するのは…
真一花琉です!
部署は大道具と舞美。おお、シンプルイズベスト。
僕は部署では被ってないのですが、その仕事っぷりは横で見ていていつも凄いなと思ってます
だって角材とかベニヤとか角材とか、ああいうものを切ったり打ち付けたりして、あっという間にすごく大きなものができあがるんです。それを彼は歌ったり好きな俳優のセリフを言ったりしながらいとも簡単に仕上げます。
そう、歌ってるんです、作業じゃないときも。しかも彼なりの替え歌、替えメロディ(ん?)で。今日もブルーハーツの1000のバイオリンを歌っていたはずだったのですが、途中で別の歌になってました。彼の頭のなかでいったどんな風に曲が鳴ってるのか…気になります
で、彼は生瀬勝久さんが好きなそうです。「警部補矢部謙三」のDVDを買っちゃったそうです。鑑賞会と称して先輩や同期を彼の下宿に呼んで一緒に見てるとか。僕も行きたいなー
ちなみに生瀬さんは相棒でもかなり初期に、一代目相棒亀山薫の親友であり、しかしその真の姿は「平成の切り裂きジャック」、というかなり鮮烈なキャラクターで登場しています!うわぁ縁あり…!()

そして彼は同期(二回生)の中で一番多く役者をやってますね!去年の夏公演から全ての舞台に立ってます!
もちろん舞台を踏んでる回数だけではなく、舞台にかけるエネルギーもおそらく一番でしょう…!
その高い身体能力で、いつもこちらの予想だにしないアイデアを舞台で形にしてくれます。それはときに他の役者、観客をも翻弄し…ああこれこそが生の舞台の醍醐味…!
今回の新入生歓迎公演でもその存在感を発揮してくれることでしょう

さてこんなところで質問タイムでしょうかー、では「好きな(もしくは弾いてみたい)楽器は??」(ちょっと変化球かな…)真一花琉なら面白い答えをしてくれるでしょう!

ではでは真一花琉、次よろしく!


スポンサーサイト

存在の耐えられない軽さ

こんばんは!お久しぶりです。
先日始まりましたブログリレー、一回生の最初は如月左京が努めさせていただきます(デジャヴ)

最近、「秋」という季節が消滅してきてるような、朝晩と昼の気温差ですね。
こういう季節の変わり目は体調にすぐに作用するので、気をつけてくださいね。
という自分がいちばん作用を受けやすいのですが…

タイトルは今日社会学史Bという授業で見た映画です。
この先生、まるで落語のような講義を展開してくれるので秋学期では個人的にトップに来る科目です。

さて、既に書かれている通り「うれしい悲鳴」の稽古が着々と進んでいます。
役者も裏方も、毎日忙しそうです。

では、左京は今何が忙しいのか?
実は先日ご紹介にあずかりましたとおり、今回音響チーフをしております!
なので今は脚本と向き合い音のプランをせっせと書き、
TSUTAYAのサントラ・インストコーナーと仲良くなる日々を送っております。
ある程度音が集まったら、今度は稽古場に通い詰めて細かい事を決めていくと…

チーフというのは想像以上に責任重大。
もうすでにいくつか失敗もしてしまっていてはてさてどうなることやらと(まるで他人事)
というのは嘘でどうすればより良い仕事ができるか試行錯誤の日々です。
コンスタントにハイクオリティな舞台を提供するSomethingでは、
一回生のチーフだから、という言い訳はきかないのです

気になるタイトルですよね。「うれしい悲鳴」。
悲鳴って読んで字のごとく悲しい、でも、うれしい?
部員も毎日考えてます。「考える人」になってしまったサム部員は…いません。
このタイトルを見てちょっとでも気になってしまった方は、もう舞台を見に来るしか無いです。
そこには約一ヶ月、Somethingなりに出した答えがあるはずです。
そして、左京の出した答え=MEも、鳴っています。


さてさて、このへんでバトンを次……雨粒飴子先輩に渡そうと思います。
自分にとっては6月のミニ公演の演出を担当していただいた、すごく頼りになる先輩です。

ではでは、如月左京でした〜

風が強く吹いている

はじめまして。
一回生自己紹介が始まります。

ちなみにタイトルは三浦しをんさんの小説とは何ら関係なく、今の外の状況です()

芸名:如月左京

学部:社会学部社会学科

性別:男

芸名の由来:ドラマ「相棒」が大好きなので、主人公の右京さんよりお名前を拝借して、
まぁそのままというのはおこがましいので左京となりました。
如月は、単純に2月生まれであるということ、音の響きが好きだから、という理由です。

入部動機:遡ること小学生の時分に親の勧めで演劇をやり始め、見始めました。
中学では少し離れていたものの、高校でも演劇部。演劇とは切っても切れない人生を歩んできたようです。
大学でもその流れで演劇をやりたいなと思って、部室での部員の皆さんの雰囲気が好きだったのがサムに決めた理由です。その好きな雰囲気を自分たちもしっかり保っていけるようにしたいですね。

えとせとら:
福岡県北九州市から来ました。北九州は治安は良くはないですが、
いきなり銃で撃たれたりしません。いいですか、いきなり銃で撃たれたりしません。
大事なことなので二度言いましたよ。
あんまり知られてませんが焼きうどん発祥の地だったり、
政令指定都市なのに街のすぐそばに自然がいっぱいあったり、
いい街です。住んでる時はそんなに好きな街でもなかったのになぜこんなに推してるんでしょうね。
ちなみに先輩から、「そんなに自分のふるさとを推す人初めて見た」的なことを言われました。
はい。←

前述のとおりドラマ「相棒」が好きです。
season5後半からですのでもう7年見てます。ちなみにseason5の頃は私小5です。seasonと学年が一致するので便利ですね(何が)
秋からのseason13の制作発表がもうそろそろあってしかるべきなのですがまだなく、相当やきもきしてます。
今夜、豊さん主演の「少年H」という映画が地上波であるのですが、その中ではないかと睨んでます。
みなさん要チェックですよ!
…はい、場所をわきまえた文章ではないですね。反省。

WALKMANの中身がほぼ劇伴音楽なほど好きなのですが、
最近は「アルドノア・ゼロ」「進撃の巨人」などの音楽担当の澤野弘之さんにドはまり中です。
音楽の世界を縦横無尽に駆け巡ってかっこいい音楽を聴かせてくれます。
ボーカル曲、オーケストラ曲、ピアノ・ソロ曲どれもオススメですよ。

夏公演へ:
今回は演出補佐、音響、映像をやらせていただいてます。
稽古にかじりついてお勉強しつつ役者ってすごいなぁと思いつつ、家に帰ってSE探し、劇の予告編を作り、
な日々です。予告編はおかげさまで先日完成いたしました。近日公開予定なので見ていただければ幸いです。

ではでは、どうぞよろしくお願いします!!如月左京でした。
twitter
Twitterボタン
プロフィール

Something

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク